沿革

1963(昭和38)年 豪雪の年、京都西陣より織物設計技術を習得して福井県にて創業
1986(昭和61)年 近代化の波にあわせて国の近代化設備資金を活用してコンピュータによる生産システム導入
1987(昭和62)年 国の地場産業育成資金を活用してレピア織機対応のコンピュータシステム一式を導入
保育所等のお子様用ネームタグ製造販売、個人向け販売を開始
1989(昭和64)年 法人化:浅地彩図園株式会社 設立
1995(平成7)年 織ネームネット販売開始、ホームページ開設
1996(平成8)年 IT部門企業内ベンチャとして、東京にインターネット事業部を立ち上げ
1997(平成9)年 株式会社日立製作所:日立パソコンディーラーとして契約
銀座事務所開設
1998(平成10)年6月 日経産業新聞ネット販売による織ネーム作成代行の紹介記事
1999(平成11)年 ディーラーニュースに弊社が掲載されました。
1999(平成11)年9月 FLOMに弊社が掲載されました。
1999(平成11)年11月

株式会社日立製作所日立パソコンディーラーとしての紹介パンフレットを配布

1999(平成11)年12月 月間ベンチャーリンクに弊社が掲載されました。
2000(平成12)年12月 社名変更:浅地デジタル彩図ファクトリー株式会社
2001(平成13)年12月 FLOMに弊社が掲載されました。
2004(平成16)年3月 金津町が芦原町と合併「あわら市」となる。
2005(平成17)年8月 福井新聞に弊社が掲載されました。

会社案内